基礎からわかる住宅ローン

住宅ローンは、金融機関が住宅購入者に対して住宅購入資金を融資する商品です。一般には住宅や土地を担保にして住宅購入資金を融資します。
多くの人にとって家の購入は一生で一番高額な買い物となります。借り入れる金額も大きなものとなりますので、住宅ローン選びも非常に重要となります。
住宅ローンは各銀行や信用金庫から多くの商品が発売されていますが、大きく分類すると以下の3種類に分けることが出来ます。それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身の好みに合わせて選択します。
・固定金利タイプ
住宅ローン契約時の金利でずっと支払いを行います。金利の変動に伴う支払い金額の増減リスクがない代わりに金利が高めに設定され、特に35年金利固定商品などはかなり金利が高くせっていされます。
・変動金利タイプ
半年・1年毎など決まった期間ごとに金利の見直しを行います。金利変動に伴い支払い金額が増減するリスクがありますが、住宅ローン契約時の金利がかなり安めに設定されています。
・固定・変動金利ミックスタイプ
当初の○年間は固定金利、その期間終了後に変動金利に移行します。固定金利期間が長いほど金利が高めに設定されます。住宅ローン契約時の金利は、変動金利タイプと固定金利タイプの中間の金利が設定されます。
住宅ローンを組む際には、各銀行・信用組合のホームページ上で返済シミュレーションをすることができます。年収額から借り入れ可能額の計算、借入額から月々の返済額を計算など様々なシミュレーションが出来ます。できるだけ多くの銀行でシミュレーションを行い、支払い金額に無理がなく、有利な条件で借りることの出来る住宅ローンを選択しましょう。
また、見落としがちですが事務手数料や保証料などの経費がかかるため、住宅ローンで借りる分とは別に初期費用を用意することを忘れてはいけません。借り入れ金額にもよりますが数十万円単位で必要となるため、住宅ローンを選ぶ際には必ず諸経費も考慮して選ぶ必要があります。

住宅ローンキャンペーンは注意が必要

住宅ローンとは一軒家が欲しい!と言う一部の富裕層以外は必須のものであろう。
ただし、当然リスクもある。最近話題に上がっているのは住宅ローンの破綻だ。老後、稼ぎ時が終わってから払えなくなるというケースや、それ以外でも共働きだったが子供が出来た。病気による給料減。等、理由は様々であるが結局の所、住宅ローンは借金であることに代わりは無い。
一月二月三月、、、と滞納して良いものではもちろん無いのだ。住宅ローンを組む際に気を付けなければならない物は山ほどある。1、本当に今のままの収入で払い続けられるのか2、定年と返済期間は噛み合っているのか 3、もし病気や事故で働けなくなった場合の所得、保健はあるか?
等様々だが代表的な所はこんなところだろう。
危ないのは「住宅ローンは高く組んじゃったけど共働きだから大丈夫、、、」とのケース。
月々合わせて50万超の収入があったとしても、妻がいつ仕事を辞めるかはわからない。それは妊娠が理由かもしれないし、家庭が問題かもしれない。子供は作る気も無いとの事だったらまだ幾分かは安心かもしれないが、そうでなくて共働きを理由に住宅ローンを組んでしまうのはあまりに無謀と言えよう。
大抵は新しい家、という気持ちが舞い上がりワクワクドキドキの新生活が見えてしまいがちだが、そこで少し冷静になってもらいたい。
最近では頭金が無い家や、キャンペーン期間中は返済が安くなる事は多い。
しかし、それも理由の一つなのだ。住宅ローンを組む際はキャンペーン中で安いかもしれないが必ず返済中にそのキャンペーンは終わる。つまり慣れた生活からまたバランスを変えていくらかは間違いなく増えた住宅ローンの返済に回さなければ行けないのだ。
慣れた生活を一変させるのは簡単なことでは無い。つまりは終わる時までにその分の貯蓄をしておかなければならないのだ。

住宅ローンを返せない!長年住んだ家なのに!とならない様に、契約時から綿密な計画立て、それを間違いなく実行していかなければいけない。
住宅ローンは気軽に組まず計画的にくもう。

住宅ローンは計画的にかつだいたんに組むべき

住宅をキャッシュで一括で購入できる人は非常に少ないことから住宅ローンを組むのはごく自然なことといってもいいと思います。

しかし住宅ローンをいざ組むとなるとやはりその金額が高額となることからそう簡単に金融機関からかりいれることもできませんし、借りるほうも慎重になるのは当然です。

では住宅ローンを組むときの心構えとしてはどのように考えておいたらよいかのでしょうか。まず一番に基本的に返済が可能かどうかというのを判断する必要があります。もちろん貸し出しをする金融機関も住宅ローン可能かの審査を行いますが、自分自身でも将来を考えて住宅ローンを長期にわたって返済できるかを検討する必要があります。

判断基準としては月々に支払う金額が収入の3分の1以下になるようにしておくのが負担をそれほど感じることなくできるなどということもよく言われています。

しかし実際には、長期にわたって収入が保証されているという人は誰一人いません。たとえ、公務員であったとしても定年までそうであるというととはわからないものです。だからといって心配ばかりではいつまでも住宅ローンを組むこともできません。

ある程度の見込みをつければ思い切って住宅ローンで購入するというのは決して無謀ではありません。ただ、支払いが不可能になったときの場合というのも考えておく必要があります。

持ち家にこだわりすぎてどうしても手放したくないという気持ちもわかりますが、そのような状態では住宅ローンが重くのしかかってきます。

もし収入減などになったときには住宅ローンの組直しが可能であるかとか、売却で対応することなども考えて、もしもにそなえるというのは大切なことです。

住宅ローンの設定は非常に難しいですが、最初はゆとりをもって返済をスタートさせてもやはり少しでも繰り上げ返済に持ち込んだほうが支払いは早く少なく済みます。

余裕を持ちつつも住宅ローンの要所要所で見直しをしながら返済を進めていかなければなりません。

頭金ゼロで賃貸並みの月払いの住宅ローンを組むときに考えること

この低金利時代に現金一括で家を買うのは馬鹿げた話です。
しかしながら、返す資力に欠けるものが住宅ローンという過大な借金を負うというのも、また馬鹿げた話です。
実際、最近では頭金ゼロ円で賃貸並みの月払いで住宅ローンが組めます、というのが珍しくなくなってきています。というよりも、住宅販売会社がそういった住宅ローンによるプランをウリに住宅を販売している、というのが実際のところでしょう。
しかしながら、住宅ローンを組む前によくよく考えなければならないことがあります。
まず、住宅というものを買う必要性です。住宅というものは必要性ばかりでなく、一種の夢の塊である、ということもできますが、実際的に必要のないものを住宅ローンという借金を負ってまで買う必要があるでしょうか。
次に、自分に買う資力があるか、ということです。つまり、突き詰めれば、「買う資格」があるか、ということです。
なぜそのようなことを述べるかと言えば、買ったとしても破産などで住宅を手放す人も少なくないからです。ボーナスなどを考えても分かるかと思います。住宅ローンでボーナス月には多く払うような返済計画をすることもありますが、これも危ない話です。なぜなら、給与は支払わなければなりませんが、ボーナスを企業が支払う義務はないからです。
ですので、ボーナスを当てにせずに月々の収入のみで返すことができる人で、なおかつ今後健康に問題もなく毎月一定額の収入の確保をでき、その中から生活を切り詰めずに住宅ローンの支払いをできる人が住宅ローンにより住宅を買う資格がある人なのです。
さらに住宅ローン最大の罠は「期間の長さ」です。
35年などという長期の借金を背負う覚悟を持たなければなりません。その間に、何がおこるでしょうか。家族構成が変わるかもしれませんし、病気になるかもしれません、その他様々なことが起こるでしょう。一種のギャンブルと考えてもいいでしょう。よくよく考えて住宅の購入を考えなければなりません。
以上のことから、住宅ローンによる住宅の購入を考える際は、「必要性」「買う資格の有無」「ギャンブル的性質」、ということを最低でも考慮しなければなりません。

住宅ローンを組む際に私が調べたこと

マンション購入を決めた時に住宅ローンについて色々と調べました。

私の勤めていた会社独自の社員向けの住宅ローンがあり、

こちらは自動的にお給料天引きになり住宅ローンの支払い日などを気にすることがなくて

安心でした。

ただこちらは勤続年数により支払われるであろう退職金をもとにした上限額がありました。

足りない分は、公的な住宅金融支援機構(元の住宅金融公庫)も考えました。

でも調べてみたら、今は住宅ローンについていろいろな銀行で様々な住宅ローンのプランが用意されています。

借りられる年数は35年が最長なのは共通ですが、借りていることで、

コンビニでお金を下ろす時の手数料が無料になるプランなどもあります

預金額に応じて、住宅ローンが楽になるというプランの銀行もあります。

ネットでも多くの銀行のプランが簡単にシュミレーションすることができるので、いろいろな銀行の住宅ローンのシュミレーションをしてみるといいです。

借りたい金額、返す年数などを入力するだけで、

他の個人情報は必要のないサイトが多いです。

住宅ローンを借りるところは審査があるので、

各銀行の窓口でしっかりと確認することが大切です。

住宅ローンを借りられるかの審査が通ったら、大切なのは月々の支払いと、ボーナス払いの併用をするかどうかです。住宅ローンは早く返したい時は、繰り上げ返済などもあるので、ゆったりと無理のない返済計画を組むことが大切です。

ボーナス併用払いは世の中の状態によって変わることもあるのでしっかりと考えたほうがいいです。

住宅ローンのボーナス併用払いの支払い月に固定資産税の支払いが重なるパターンが多いです。

たいていの方が7月、1月支払いとする場合が多いと思います。

住宅ローンをボーナスが出るからと高く組んでしまってその月が苦しくなることもあります。

また住宅ローンに関する保険加入を月々にした場合の支払いなど、意外に出費も多いので、余裕をしっかりともって計画することが大切です。