住宅ローンに関するこれだけは知っておきたい基礎知識

住宅ローンとは、本人、家族が住むための家(マンション)や、家を建てる土地を買ったり、建てたり、リフォームしたり、家の住宅ローン借り換えなどをするために金融機関から受ける融資のこと。簡単に言えば借金である。
日本では、上がる物価や土地の価値によって今の住宅購入費は、新築か中古物件かによるが数百万〜億円と一般の平均年収を大幅に超えるのが普通である。
住宅ローンは、その高い住宅購入費に対応するものであり、金利はある程度安くすみ、返済期間は最長で35年と長い。長期とすることで、毎月の負担額を低く設定でき、サラリーマンが定年退職時まで稼げる範囲内で返し続けることで、住宅の購入が可能になっている。
住宅ローンを取り使う会社は、普通銀行、信託銀行、信用銀行、JAバンク、労働金庫などのゆうちょ銀行以外の一般金融機関である。
その他、長期資金の運用方法で、生命保険会社や、信販会社、銀行以外も住宅ローンを取り扱っているところもある(取扱会社)。

住宅ローンの融資条件は、受ける借りて本人に安定した給与・収入があるか、銀行と提携している信用保証会社が貸し手に連帯保証を受け、債務保証委託契約を結ぶことで融資が受けられるのが一般的である。
取扱会社により、仔細な制約や条件を個別に設けているところもある。融資の審査基準は内規事項で非公表である。住宅ローンの購入不動産の登記には金融機関名住宅金融支援機構・抵当権設定登記が必須である。

金利は、取扱会社により金利ルールや、融資全額の内訳で分割して固定と変動のタイプや返済期間を組み合わせることができる住宅ローンのタイプもある。
返済期間が長期に渡るため、普通に利用される元利均等返済は、返済初期の利息が高くなっている。だから、資金に余裕があれば、返済額を増やし元金をはらって(繰上返済)支払いを楽にすることができる。

住宅ローンの場合は、融資元が決めた保証会社の保証が求められることが多い。住宅ローンを返済できなくなった場合、保証会社が借り主に代わって金融機関に残りの債務を全額返済する、という仕組みである。金融機関にとって、個人から返済し続けてもらうより債務を返してもらえる。保証会社に保証してもらうには、保証料が必要である。審査により、保証料が人により変わってくるので、気をつけたい。

住宅ローン借り換えの123ステップ【元銀行員が教える借り換え交渉術】